2016/02/03

ウォーターボトルを二つに増やしました

ジョンのウォーターボトルを2つに増やしました。

今日は昨日よりも足の力が弱くなってるのか、移動が大変そうで、動こうとしてもこけてしまいます。
朝もうんちを食べ損ねたようで、汚れてましたので、シャンプーもしました。
今日はおとなしかったです。

新しいボトルに交換してあげようかなぁと買っておいたボトルがあったので、おろしました。
替えにと買っておいたものが役に立ちました。

今まで使っていたものと比べると、前のはかなりボロく見えますね~(写真の左側に写ってる方です)。

高さも、今までは座って飲める高さだったので、ケージの柵2段分、下げました。

私が気づいてあげるのが遅かったみたいで、ボトルを顔の近くに持って行ったら、ゴクゴク飲みました。
夜の間に量もあまり減ってなかったし、喉渇いてたと思います。また私が気付かなかったせいで、かわいそうなことをしてしまいました。申しわけないと思うしかできないですが、また気持ち切り替えて、私が家にいる時間はちゃんと見てようと思います。

白内障で目は見えてませんが、ボトルの近くに顔を持って行って、「ここにお水あるよ~」と言いながら、私が自分の指にお水を出して、それを口元に持って行き、そのあと「ここにごはんがあるからね~」と顔をごはん入れに近づけるということを2回ほどしたら、だいたいの場所を憶えてくれます。

「ごはん入れの横に、お水がある」というふうに憶えてるんやと思います。

目が見えなくなった初めのころは、初めての椅子に座らせただけでも、数時間様子がおかしくなったりしましたが、それからは、目が見えてるんじゃないかと思うくらい、普通に生活しています。

もちろん目は見えてませんから、時々頭をぶつけたり、落としたニンジンの場所がわからずにウロウロするとか、そういうことはありますが、においと、自分の体に触れてくる物の感触などを憶えてるので、うまく生活しています。

脂肪さえなければ、目が見えない以外は元気に生活できてたのになぁ・・・と思う毎日です。

「手術して脂肪を取ってあげなかったからあかんのかなぁ」とか、「いや、取っても、また大きくなる可能性もあるし、歩けなくなったかもしれんから、これで良かったんや。」とか、今さら思ってもしょうがないことを毎日思ってしまいます。

本当に今さらですけどね。

また、何かケージの中を変えたりしたら、記事にします。

 

にほんブログ村 うさぎブログ うさぎのいる暮らしへ