メモ用紙って結構要らんと気づいた

私、掃除をしてる時いつも思うことがあります。

「なんでメモ帳にしようと思った紙が、いつもこんなに余って散乱するのか。これも部屋を汚くしてる原因の一つやん。」と。

そうは思っても、「これ裏使えるし、メモに使おう~」と、適当なサイズに切って(小さいものはそのまま)置いておくけど、それがいつの間にかバラバラになって何も書かれることなくゴミ箱へ。

これをずーっと繰り返してます。

2016年のインスタグラムのアニマルカレンダーの裏側が、メモできるようになっていて(2015年のは白紙)、「おお、便利やんか」と思って残してみたけど、やっぱり何も書くことないから、そのままゴミ箱行きになりそう。

ふと思いました。

私って、普段何もメモってないんやな!

普通は、もっと何か書くことあるのか!?

私がメモらなすぎなんか!?

と。

電話で問い合わせしたときにメモしたことって、すぐに処理するし、すぐできなければ携帯のリマインダーに入れるかなんかして、そのメモはもう見なくなるし、そもそも問い合わせすること自体がほとんどないし、とても大事なことは手帳に書き写すし・・・。

結局のところ、我が家には「メモ用にのこしとこーー」って紙は要らないってことで、そういうのに残すのはやめよう。

要らないものを捨てて行って、部屋がすっきりしてくると、今まではその時は気になりつつ放置してきたことが、そうではなくなるってことですね~。今回のメモ帳って要らんやんってことも、ずっと思ってはいたけど、やっぱり残してきてたんやし。

 

皆さんにはどうでもいい、ほんまにどうでもいい、ちっこい決心でした。